デザイン住宅で快適な暮らし|依頼から着工までの流れ

不動産の模型

地震で倒壊しない家

ソーラー付き家

地震の多い日本では一戸建てを購入する時に耐震性を重視して選ぶ必要があります。その際、新耐震基準が適用された新しい住宅を選んだり、基礎が鉄筋コンクリートで作られている住宅を選ぶようにしましょう。

Read More...

資金計画をたてよう

OKサインする人

川西で一戸建て住宅を建設するときは、トラブルのないように事前に計画を立てる必要があります。建設に係る費用や引越しの費用など資金繰りをしっかり行ない、良心的な建設会社を探すように心がけましょう。

Read More...

幅広いサポート体制

電卓と模型

デザイン住宅を依頼すると、単に家の内装を綺麗に整えるような家造りではなく、細かいところにまで気を配ったデザイン性と長い間快適に生活できる家造りが実現できます。現在は、デザイン住宅を中心に依頼を受付けている業者が数多くあり、設計からデザイン、部屋のインテリアに至るまで幅広くサポートしてくれるのです。しかし、デザイン住宅を依頼するときほとんどの人は不安を感じるでしょう。業者のホームページなどをみると、建設までの流れが詳しく掲載されているので依頼前に確認しておくべきです。また、事前の資金繰りなども家族と相談しながらしっかり行ないましょう。大まかな予算が決まったら、施工を任せる業者に連絡をします。その時、スタッフから業務説明や土地の紹介をされるのでしっかりと話を聞きましょう。同時に住宅の希望についても質問されるのであらかじめメモ用紙に書き出しながら話を進めていくと良いでしょう。ヒアリングが終了すると業者が敷地調査などを行ない、資金計画表を作成していきます。この段階で予算の確認が行なわれるので、疑問や不安があればすぐに質問します。その後、建設プランの確認や設計図面の作成などを行っていき、より綿密な打ち合わせをしていきます。プランが決まり次第見積り費用などを調整し、業者と依頼主の間で確認を行なっていくのです。ほとんどの業者では施工前に近隣住民へのあいさつ回りや地鎮祭を行なってくれるので、後々のトラブルを避けられます。また、施工後は最高で10年の工事保証がついてくるので、何か異常があればすぐに駆けつけてくれるでしょう。

会社の得意分野を知る

住宅内部

袖ヶ浦市で不動産会社を選ぶときは、会社ごとの得意分野を見極めることが大切です。一戸建ての売買に特化した会社やマンション売買に特化した会社などがあるので、目的にあった会社を選びましょう。

Read More...